HOME » りあと一緒に探そ!理学療法士の学校特集 » 寮を持つ専門学校のメリット!寮のある学校ならココ!

寮を持つ専門学校のメリット!寮のある学校ならココ!

専門学校というのはそれなりに費用が掛かってきます。実家から通えるならまだいいかもしれませんが、実家から通えない人だと一人暮らしが必要となり、さらに費用も掛かってきます。また、理学療法士の専門学校というのは都内に集中しており、地方の人だとどうしても実家から通うのは難しくなってきます。「専門学校に通いたいけど実家からは遠くて通えない」という人にとって、寮を持つ専門学校のメリットと寮のある学校についてご紹介していきます。

寮を持つ専門学校のメリット

リーズナブルに抑えられる

一人暮らしのためにマンションやアパートを借りるとなると、敷金・礼金というものが都内では掛かってしまいます。理学療法士の専門学校だと、最低でも2年~3年は通わなければなりません。仮に3年ともなれば更新費用まで加算されてきますので、費用がかさんでしまうのは目に見えてわかります。どうしても一人暮らしが必要となれば、できる限り敷金や礼金、家電や家具などの初期費用は抑えたいものです。ただ、寮を持つ専門学校に通うことで、かなりこの初期費用が抑えることができ、寮の生活であれば余計な経済的負担も少なく済ませることができるのです。

交流が増える

専門学校というのは基本的に同じ職業を目指すもの同士が集まる場所であります。寮で生活することにより、夢や理想、将来のことなどを生徒同士でゆっくりと話し合う時間が多く持たれます。一人暮らしでも決して難しいことではありませんが、同じ時間を長く過ごしている方が良きライバルとして多くを学び合うことができ、刺激を受けるチャンスが多くあるような気もします。そういったことを求めるのであれば、寮は最適な場所になることは間違いないでしょう。また、寮を卒業したOBやOGから色々な就職に有利な情報が得られることも多いかと思います。将来のための人脈作りには最適な場所であるのは間違いありません。

学校と寮の近くでアルバイトもできる

専門学生は、学校に通うのと同時に近場でアルバイトができた方が非常に便利かと思います。さらに、学費や生活費を自分で稼ぐとなれば、勉強とアルバイトがやりやすい環境というのはどうしても大事になってきます。基本的に、学校の近くに寮が存在してきますので、学校の近くでアルバイト先を探すとなると、自ずと住まいから近くで働くことになります。こういった環境が作りやすいというのも、寮で生活をするメリットでもあるのです。ただ、寮によっては門限などの制限が出てくる可能性があります。そうなると、働く場所や時間帯というのがどうしても限られてきますので、事前にこういった制限を調べておくようにしましょう。

寮を持つ専門学校3選

医学アカデミー

就職率 開校以来100%(平成14年開校)
求人件数 600件
国家試験合格率(2016年度) 100%

医学アカデミーの特徴

平成14年の開校以来、100%の就職率を誇っています。1人あたりの求人数は約15件で、就職先を選ぶことも可能。国家試験の合格率も、毎年、全国平均よりも高い数字を出していますし、8~9人のゼミ制を採用していますので、勉強から就職まで様々な場面でサポートを行っています。

公式サイト
https://iapt.jp/

寮・アパートについて

学校近くの民間アパート1棟(22室)を、借り上げて学生寮として在学生に提供しています。
部屋は6畳1Kで空調、勉強机、ベッド等を完備しています。

生徒の口コミ

「授業が分かりやすいので勉強も楽しいです。同じ目標をもつ者同士、すぐに打ち解けることができました」
「3年制だったのと、学費が安かったので選びました。先生は身近な理学療法士として、知識や技術を学んでいます」
「オリジナルプログラムの授業なので、3年制でもハードな感じはありません。関連施設も多いので、いろいろな分野の理学療法士の仕事を学ぶことができます」

所在地

埼玉県川越市中台元町1-18-1

千葉・柏リハビリテーション学院

就職率 100%
求人件数 ――
国家試験合格率(2016年度) ――

千葉・柏リハビリテーション学院の特徴

全国に約120か所の事業所を展開する葵会グループによって千葉・柏リハビリテーション学院は運営されており、地域社会に広く活躍できる専門医療技術者の育成を目的としています。理学療法を学ぶ養成校として、2014年4月に3年制へと移行されました。就職や実習先としても、グループのバックアップ体制が学生を支援しています。

公式サイト
http://www.aoikai.ac.jp/

寮・アパートについて

地元の柏市周辺だけではなく、関東甲信並びに東北からも進学者がおり、学生寮などのお問い合わせが多くあります。学院寮入寮ご希望の方はお問い合わせ下さい。また全国チェーンや地元の不動産業者と提携し、学校近辺の物件を編集した本学院専用パンフレットにてご案内しております。

生徒の口コミ

「比較的社会人の比率が高いです。少々交通が不便ですが、静かな立地にあるので集中して勉強に取り組める環境にあります。最近は生徒の自主性に任せる方針になってきています。また、同敷地内に同系列のリハビリテーション病院があるのが非常に便利です。」
「社会人入学の場合、1年生時の学費が免除(約100万円程度)される制度があるのがうれしい。実習にかかる費用(レオパレス代や交通費)などは学費に含まれていないため、基本的に全額負担になるので注意が必要です。」
「社会人入学も多く、高校生との溝もそこまで感じません。学年の垣根を越えた勉強会であるゼミの他に、レクリエーション大会など、スポーツや娯楽を通して仲良くなれる場などがあるので楽しいです。」

所在地

千葉県柏市大井2673-1

関東リハビリテーション専門学校

就職率 100%
求人件数870件
国家試験合格率(2016年度) ――

関東リハビリテーション専門学校の特徴

関東リハビリテーション専門学校は、リハビリテーション医療に最も必要とされる「理学療法士・作業療法士」の養成を行う厚生労働省指定養成施設の専門学校です。病院や施設の新設や増床とともに、求人件数は年々増加傾向にあり、作業療法士の輩出が急務となっています。1年でも早く作業療法士国家資格を取得し、社会のために人のために活躍したい方の為に、カリキュラムを徹底的にスリム化し「夜間部3年制」へと移行することが可能になりました。

公式サイト
http://www.kanreha.ac.jp/

寮・アパートについて

「共立メンテナンス学生会館」、「東仁学生会館」を利用した、男子専用・女子専用・男女混合・個室・2人部屋など、多くのお部屋を用意しています。

生徒の口コミ

「少人数のクラス制で授業が行われるので、アットホームな雰囲気がいいです。先生方も熱意をもって教えてくださり、質問があれば放課後でも、わかるまで丁寧に教えてくれます」
「仕事をしながら、夜間部に通っています。介護老人保健施設でリハビリ助手をしているのですが、授業で学んだことを、すぐに現場で生かせます」
「先生と生徒の距離が近くて、ささいなことでも気軽に質問できます。その日に教わったことを、その日のうちに復習することで、スムーズに理解でき、自分の身についていると感じます」
「授業が面白いです。先生方は、ご自身の体験を交えて授業をしてくれるので、とてもわかりやすいです。夜間部なので、年齢や学歴、さまざまな職種のクラスメイトがいますが、お互いに刺激し合いながらがんばっています」

所在地

東京都立川市錦町6-2-9