HOME » りあと一緒に探そ!理学療法士の学校特集 » 社会人でも通いたい!夜間の学校ならココ!

社会人でも通いたい!夜間の学校ならココ!

理学療法士の専門学校には、昼間だけでなく、夜間課程を設置しているところがあります。夜間課程なら、働きながら勉強できたり、昼間の勉強時間を確保できたり、学費が安かったりと、メリットもたくさんあります。

夜間課程のあるおすすめの理学療法士専門学校

学校名 医学アカデミー 東京医療学院 東都リハビリテーション学院
期間 3年 4年 4年
学費 3,355,000円 5,150,000円 4,700,000円
夜間の就職率 100% 100% 100%
国家試験合格率 93.0%(過去平均) 記載なし 記載なし
特徴 夜間では貴重な3年制。授業時間は18時から21時10分までなので、昼間、仕事をしていても通うことができます。昼間過程と同様、夜間課程の国家試験合格率もトップクラス、就職率も100%です。 4年次の後期になると、国家試験対策として、学科担当が集中補習を行うなど、多くの時間を試験のために費やします。その結果、トップクラスの国家試験合格率を出しています。 交通の便がいいので、昼間仕事をしている社会人の人にもぴったり。また、交通の便のよさから、昼間、臨床現場で活躍している現役の理学療法士の先生が、講師として授業を担当してくれます。

理学療法士専門学校・夜間課程のメリット

理学療法士になるための学校では、夜間課程を設置しているところも少なくありません。夜間課程の場合、昼間課程に比べて、1日の授業時間は短くなるのですが、反対にメリットもたくさんあります。

そんなメリットの一例を紹介します。

昼間も勉強できる

夜間課程の授業は18時前後から始まるところが多いので、日中は自分で勉強をする時間に充てられます

自分のペースで勉強したい人、学校の勉強について、自分でもいろいろと調べたい人も、昼間、十分な勉強時間を得ることができます。

とくに、試験前はたっぷり勉強することができるのでおすすめです。

社会人やダブルスクールにぴったり

夜間課程に通う人の中には、昼間、仕事をしている人もたくさんいます。大学や専門学校を卒業して、一度は社会人になったものの、やはり、理学療法士の夢を捨てきれなかったり、何かがきっかけで理学療法になりたいと思う人も多いようです。

また、夜間課程の学生の中には、昼間、大学に通っていたり、別の専門学校に通っているという人もいます。

授業が始まるのは18時くらいからのところがほとんどなので、会社が終わってから、あるいは別の大学や専門学校の授業が終わってから通うことができるのも夜間課程のメリットです。

学費が安い

夜間課程の場合、授業時間が短いこともあり、昼間課程よりも学費が安くなることがほとんどです。

理学療法士になるための学校に通いたいけれど、学費がネックになっているという人は、ぜひ夜間課程を検討してみてください。

夜間課程は、通常、4年制のところが多いのですが、中には、3年制を採用しているところもあります。

3年制であれば、1年分学費も安くなりますし、4年制と比べて1年早く働くことができるので、その分、早く収入を得ることができます

すでに社会人として働いている人にとっては、少しでも早く資格を取得して、理学療法士として働きたいもの。

そんな人にも、3年生の夜間課程はおすすめです。

また、夜間課程に通う学生は、年齢層も幅広く、さまざまな経歴を持つ人がたくさんいます。同じ年代の人だけでなく、さまざまな年代の人、いろいろな経験をした人たちと交流することで、人との関わり方を学んだり、たくさんの刺激を受けることもあります

夜間課程に通っている人の中には、人との関わりが勉強になった、いろいろな人と接することで、勉強面だけでなく、人としても成長することができたと感じている人もたくさんいるのです。