HOME » 理学療法士になるための学校をご案内します♪ » 東都リハビリテーション学院

東都リハビリテーション学院

東都リハビリテーション学院の口コミ評判や学校の特徴について紹介します。

東都リハビリテーション学院に通う生徒の口コミ評判

  • 「親元を離れての進学だったので不安もありましたが、クラスメイトや先生のおかげで、充実した毎日を過ごせています。学校行事が多いので、アットホームな雰囲気があります」
  • 「はじめてこの学校にきたとき、挨拶がしっかりしていて、明るく、礼儀正しい学校だと思いました。イベントが多いので、学生同士が仲よくなれるチャンスがたくさんあります」
  • 「学生同士の仲がいいです。行事や部活も盛んなので、横だけでなく縦のつながりもあります。勉強はたいへんな面もありますが、わからないところがあれば、先生や先輩が教えてくれるので安心です」
  • 「知識や経験が豊富な先生がたくさんいらっしゃるので、授業で解らないことがあっても、理解できるまで、丁寧に教えてくれます。実技の授業も多く、臨床現場がイメージできるよう、細かく教えてくれるのでとても勉強になります」
  • 「体験入学のときに対応してくれた先輩がとても優しく、スポーツ系の行事がたくさんあり、クラブ活動も充実していたので、この学校を選びました。勉強はたいへんですが、先生や先輩、友だちからもアドバイスをもらいながらがんばっています」

東都リハビリテーション学院の特徴

授業時間数が多い

東都リハビリテーション学院画像
画像引用元
東都リハビリテーション学院公式サイト
http://www.toutoreha.ac.jp/

東都リハビリテーション学院の授業時間数は、文部科学省の指定基準よりも約1.5倍も多いといわれています。基礎から専門分野まで、とくに実技に力を入れた授業が行われています。

1年次には施設見学、2年次には学内臨床セミナー、3年次には老人保健施設、4年次には臨床実習と、臨床現場の実習にも、早くから接することができます。

夜間部の講師の質が高い

交通の便がいいということから、夜間部では、昼間、臨床現場で活躍している先生が、講師として授業を担当してくれます。

クラブ活動が盛ん

東都リハビリテーション学院では、バレーボール部、サッカー部、バスケットボール部、格闘技部、野球部、水泳部など、体育会系のクラブ活動が盛んです。

リハビリ系の学校によって行われる大会でも優秀な成績をおさめています。

そのほか、体育祭やフットサル大会、バレーボール大会などスポーツ系のイベント、遠足、文化祭修学旅行などの学校行事もたくさんあります。

学費の詳細

昼間 4年制:6,100,000円
(入学金含む。教材費、実習着代、実習の際の宿泊費・交通費別途)
夜間 4年制:4,700,000円
(入学金含む。教材費、実習着代、実習の際の宿泊費・交通費別途)

東都リハビリテーション学院は入ってる?
おすすめの理学療法士専門学校5選はコチラ

東都リハビリテーション学院
所在地 東京都目黒区大橋2-4-2
アクセス 東急田園都市線「池尻大橋駅」より徒歩7分、京王井の頭線「駒場東大前駅」より徒歩10分