HOME » 理学療法士になるための学校をご案内します♪ » 多摩リハビリテーション学院

多摩リハビリテーション学院

多摩リハビリテーション学院の特徴について紹介しています。

多摩リハビリテーション学院に通う生徒の口コミ評判

※多摩リハビリテーション学院に通う生徒の口コミは見つかりませんでした。

在校生の口コミ評判の高い
おすすめ理学療法士専門学校5選はコチラ

多摩リハビリテーション学院の特徴

医療法人が母体

多摩リハビリテーション学院画像
画像引用元
多摩リハビリテーション学院公式サイト
http://www.tama-riha.ac.jp/

医療法人社団和風会が母体の多摩リハビリテーション学院。和風会は、救急病院、総合リハビリテーション病院、介護老人保健施設、在宅ケア部門を持つ医療法人です。高齢者が家庭や社会に復帰できるよう、リハビリテーションを重視し、質が高く、即戦力となるセラピストを育成するために、多摩リハビリテーションは設立されました。

国家試験合格だけでなく、すぐに現場で活躍できる人材の育成を目指した指導に取り組んでいます。そうした取り組みの成果もあり、毎年多数の求人が寄せられ、就職率は100%を誇ります。

また、卒業後は母体である医療法人社団和風会に就職することも可能です。

充実の臨床実習

多摩リハビリテーション学院では、即戦力となる人材を育成するため、多くの現場を経験すべく、多くの病院や施設を擁する医療法人のネットワークを生かして、1年次からさまざまな実習に取り組んでいます。

厚生労働省では、理学療法士になるための実習時間は、810時間以上と定めています。ところが、多摩リハビリテーション学院では、それを大幅に上回る約1,035時間の実習時間が設けられています。

国家試験は全員合格を目指した試験対策がとられています。出題傾向を分析し、弱点をフォローアップ。模擬試験を毎月実施し、日頃の成果を確認しながら、今後の勉強方針を立てていきます。

クラブ活動が盛ん

男女合わせて30人の部員をもつ野球サークルや、フットサルサークル、バスケットボールサークルなど、公認クラブがあります。

学校に公認されると、物品費用の援助が受けられたり、オリエンテーションでの勧誘活動が認められるなどの優遇が受けられます。

クラブ活動に参加することで、スポーツを通じて、チームワークを培ったり、勉強や学生生活の悩みなども相談できるなど、学科や学年の垣根を越えた交流がもてるというメリットがあります。

学費の詳細

昼間 3年制:4,350,000円
(入学金含む。教科書代、教材費、白衣代、実習宿泊費、保険料は別途)
夜間 夜間なし
多摩リハビリテーション学院
所在地 東京都青梅市根ヶ布1-642-1
アクセス JR青梅線「東青梅駅」より徒歩10分