HOME » 理学療法士になるための学校をご案内します♪ » 専門学校 医学アカデミー

専門学校 医学アカデミー

専門学校医学アカデミーの、在校生からの口コミ評判や学校の特徴をまとめています。

専門学校 医学アカデミーに通う生徒の口コミ評判

  • 「昼間、医療機関でリハビリ助手として働きながら、夜間に通いました。時間に追われて忙しい毎日でしたが、理学療法士という夢があったのでがんばれました。医学アカデミーでは、専門知識だけではなく、人と人との関わりや助け合いの精神なども学ぶことができました。」
  • 「入学する前は、授業についていけるか、友だちと仲良くなれるかなど心配だらけでしたが、みんな同じ目標をもっているので、すぐに打ち解けることができました。授業もわかりやすくて、勉強も楽しいです。」
  • 「小さいころからサッカーをしてきたのですが、ケガをしたときに理学療法士さんにお世話になり、それから、理学療法士になりたいと思うようになりました。理学療法士の専門学校は4年制が多かったのですが、医学アカデミーは3年制だったこと、他と比べて学費も安かったことから選びました。」
  • 「理学療法士という、同じ目標をもつ仲間たちと一緒に、毎日、支え合いながら学んでいます。先生方からは、一番身近な理学療法士として、知識や技術はもちろん、医療人としての姿を学んでいます。」
  • 「ほかの学校が4年制のなか、3年間で勉強をするのはハードなイメージもありましたが、授業はオリジナルのプログラムで進められていくので心配ありません。関連施設も多いですし、いろいろな分野の理学療法士の仕事を学ぶことができていると感じています。」

専門学校 医学アカデミーの特徴

就職率100%&高い国家試験合格率

医学アカデミー画像
画像引用元
専門学校医学アカデミー公式サイト
http://www.iapt.jp/

医学アカデミーは、開校以来、100%の就職率を誇っています。昼夜合わせて80名の生徒に対し、求人件数は約600件、求人数は1,200人。

1人あたり15件の求人数があることになり、就職先に困るということもありません。

また、医学アカデミーでは、全国平均よりも高い確率で国家試験の合格者を輩出しています。

分かりやすい料金表示がありがたい学費の安さ

3年制なので、4年制の学校よりも学費を抑えることができます。表示されている学費以外に必要なのは、教科書や白衣程度。

また、一般的な学校では、校外実習の際の交通費や宿泊費用などは別途、かかるところが多くあります。けれども、医学アカデミーでは、交通費や宿泊費用なども学費に含まれているので、トータルで見ても、他の学校と比べて学費は安くなります

ゼミ制の手厚いサポート&夜間でも3年で卒業

医学アカデミーでは、8~9人制のゼミを採用。勉強から実習、就職までを手厚くサポートしてくれます。

これは、昼と夜の担当教員が連携し、生徒のやる気をアップさせるべく、生徒のいいところを伸ばしていこうという信条のもとに行われています。

また、夜間では貴重な3年制。授業時間の少ない夜間課程で、3年制を採用できるのは、短い期間で結果を出すためのノウハウを持っているからこそ。

学費の詳細

昼間 3年制:4,195,000円
(入学金、臨床実習時の交通費・宿泊費含む。教科書代、実習用ユニフォーム代別途)
夜間 3年制:3,355,000円
(入学金、臨床実習時の交通費・宿泊費含む。教科書代、実習用ユニフォーム代別途)

学費の安い理学療法士専門学校はどこ?
学費の安い専門学校をピックアップ!

専門学校 医学アカデミー
所在地 埼玉県川越市中台元町1-18-1
アクセス JR・東武東上線「川越駅」、西武池袋線「本川越駅」よりスクールバスあり。「川越駅」・「本川越駅」より西武バス「新所沢駅東口」行「八雲神社」下車徒歩3分、西武新宿線「新所沢駅」東口より西武バス「本川越駅」行「八雲神社」下車徒歩3分。

専門学校 医学アカデミー卒業生の主な就職先

戸田中央総合病院、上尾中央総合病院、川越リハビリテーション病院、JCHO 東京新宿メディカルセンター、東京医科大学八王子医療センター、初台リハビリテーション病院、千葉県・神奈川県、JCHO 船橋中央病院、塩田病院、横浜市立みなと赤十字病院、イムス太田中央総合病院 獨協医科大学日光医療センター、筑波記念病院、山梨リハビリテーション病院、新町病院、新潟県立十日町病院、枡病院、奥州病院鶴岡協立リハビリテーション病院

実家が首都圏でなければ通えないのか

このページを読んで、医学アカデミーが魅力的な学校と感じても、実家が埼玉県ではないし通うだけで大変だ!と諦めかけている人もいるかもしれません。このような人は、諦めるのはまだ早いです。

実は、医学アカデミーでは、遠方からの生徒でも通えるように独自のサポート制度が充実しています。

特にオススメなのが、学生寮の利用です。

学生寮のオススメポイント

ここからは、医学アカデミーのオススメポイントについて詳しく解説をしていきましょう。

医学アカデミーの学生寮では、次のようなオススメポイントがあります。

寮費が安い

寮生活をする上でのオススメは、とにかく寮費が安いということです。

医学アカデミーが所有する寮の費用は、27800円〜32,000円です。

この費用に、光熱費、退寮時の清掃代が5000円つきます。

しかも、初年度は特別減額制度も設けているので、もし、医学アカデミーが提示する寮費が高いと思っていても、ある程度減額されることが期待出来ます。

生活をする上で、無駄な費用と考えられるのが家賃ですよね。その家賃が4万円以内で抑えられているのは、とても魅力的なことであると思います。

寮について詳しく解説

そこまで安いと、何か裏があるのでは? と疑問を抱く人もいるかもしれません。

しかし、実際の学生寮の設備はどのようなものになっているのでしょうか。

ここでは、寮の概要や気になる設備について詳しく紹介します。

寮の種類は3種類 

医学アカデミーが所有している学生寮は3種類です。

たかしな館、ハイツ新河岸、アリス新河岸の3つが提携している学生寮になります。

この3種類の学生寮を利用するのであれば、費用をかなり抑えられることが可能です。

たかしな館

3種類ある寮の中で、最も広いタイプの学生寮です。

8畳で、ベッドと机が標準で置いてあります。

ハイツ新河岸

6畳タイプのお部屋で、ロフトがついています。

6畳あれば、ベッドと小さい机であれば、無理なくお部屋に収納することが可能です。

アリス新河岸

3種類ある学生寮の中では、最も狭い寮になってしまいますが、ロフトがあり外観は3つの学生寮の中でもオシャレな構造であると言えます。

この3種類で選ぶのであれば、デザイン性であればアリス新河岸、広さであればたかしな館を選択すると良いでしょう。

寮の気になる設備

どの寮も、ユニットバスで、ベッドorロフトがあります。

また、新品のマットレスも備わっているので、寝具を1から揃える必要がありません。

もちろん、学生寮なので勉強をする環境はしっかり整えられています。

学習机と椅子、デスクライト、本棚は備えられているので、自宅でもしっかり勉強することが可能です。

もちろん、エアコンやカーテンといった生活をする上では必要不可欠な設備も1部屋ずつしっかり備えつけられています。

掃除機と洗濯室は共用なので、自分専用ではありませんが、工夫をして生活をすればそこまで不便だと感じることはないので、賢く活用していきましょう。

このように、学生寮を利用すれば、部屋が安く利用出来るだけではなく、1人暮らしをしたことが無い人でも、快適に生活をスタートさせることができます。学生寮を使わない手は無いと思うでしょう。

学生寮のメリット

ここからは、学生寮のメリットをいくつかあげていきましょう。

医学アカデミーの学生寮は、次のようなメリットがあります。

門限がない

学生寮というと、門限がある寮が多くあります。

例えば、22時までに帰って来ないと寮に入れないといったところもあります。

学生寮によっては、22時以降に帰る場合は、報告をする必要があるところも。

しかし、医学アカデミーの学生寮ではそのような門限は全くないので、通常の賃貸物件と同じように利用することが出来ます。もちろん、門限が無いからと言って遊んでいては資格取得につながりません。

しかし、深夜に出かけたいと思うことは誰しもあるでしょう。深夜の時間に不自由なく自由に出入りすることが出来るのは魅力の1つと言えるでしょう。

寮生同士でコミュニケーションが可能

住んでいる学生寮自体が、全員医学アカデミーに通う生徒です。中には、色んな学校から集まって形成している寮もありますが、ここはそうではありません。同じ目標を志したメンバーが集まっています。

学生寮の場合は、学生寮同士でコミュニケーションを密に取ることも可能です。

同級生と勉強を教えあったり、仲良くなった先輩からアドバイスをもらったりと、生活次第では、充実した学生寮ライフを送ることが出来ます。うまくいけば、寮でかけがえのない親友に出会うかもしれません。

学生寮のデメリット

それでは、寮に住む上でのデメリットはどのようなものがあるのでしょうか。

食事は各自で用意する必要がある

学生寮として1点だけデメリットをあげるとするのであれば、食事を自分で作らなければいけないという問題です。

学生寮の中には、寮母さんが料理をしっかり作ってくれるところもあります。

そのような場所であれば、3食のうち昼食以外は準備してくれるという学生寮もあります。

このような寮であれば、食のことに心配をしなくて良いですが、医学アカデミーの寮はそうではないので、自炊をする必要があります。

しかし、食事を提供してもらえる寮は、家賃が安くても管理費が高く結果として、普通の賃貸物件並みの値段になってしまうことがありますが、食事提供が無い分抑えられるので、安く住むことが可能です。

もちろん、自炊する必要がありますが、生活をする上では必要なスキルになるので、この機会に挑戦してみるのも良いでしょう。

寮の生活環境は

実際に学校に通っている間は生活することになる学生寮。生活環境も気になりますよね。

3つの学生寮は、どの建物も同じエリアにあります。そのため、寮による便利、不便はありません。

また、この寮があるエリアは住宅街です。

そのため、治安面で不安になることはまず無いと言って良いでしょう。

しかし、治安以外で気になるものといえば、周辺の施設です。

学生といっても、息抜きは必要です。24時間ずっと理学療法士の勉強をしているわけではありません。

時には、息抜きをする必要があると思います。学生寮周辺には一体どんな設備があるのでしょうか。

生活に必要なものは、不自由なく揃えることが出来ます

寮の近くには、日用品が売っているドラッグストアがあります。また、コンビニもあります。

更に、レンタルDVDでお馴染みのTSUTAYAもあるので、生活に不自由することがありません。

もちろん、お店が充実しているといっても、都会には劣ります。

ただ、川越から都心へのアクセスは悪いわけではありません。

休みの日は、学生寮の仲間と気軽に都心に繰り出して遊ぶというのも1つの手ではないでしょうか。

また、周辺施設の情報は、常に変化していくので必ず住む前に最新の情報を確認しておくことをオススメします。

学生寮を利用する生徒たちは、どんな人?

学生寮を利用する生徒は、少なくありません。秋田県から理学療法士になるために、医学アカデミーに通っている人や、福島県から川越にやってきて学生生活を満喫している人もいます。

首都圏だけでなく、全国各地から集まっているので、もし、家から通いやすさ重視で選んでいるのであれば、実績重視に切り替えて、医学アカデミーを検討するのも良いでしょう。

学生寮の競争率は?

これだけ魅力的な物件であれば、それだけ競争率も高いのでは? と不安になっている人もいるでしょう。

確かに、学生寮の場合早いもの勝ちというところもあるので、入学直前では空きがない可能性があります。

もし、医学アカデミーに通うことが事前に決まっているのであれば、学生寮に入寮するために早めに行動することも大切です。早くに申し込みをすれば、必ず入寮することが可能なので計画的に考えましょう。