HOME » PT(理学療法士)に興味があるなら絶対読んでね » 学費はどれくらいかかるの?

学費はどれくらいかかるの?

理学療法士になるために学校に通う場合、気になるのが学費です。大学、専門学校、3年制、4年制と、選ぶ学校によって学費は異なります。何にいくらかかるのか、トータルでいくらになるのかをしっかり計算して比較するようにしましょう。

理学療法士の学校にかかる学費の相場

理学療法士の学校を検討する際、学費がいくらかかるのかも気になるところです。学費は学校によって大きく違ってくるので、きちんと確認して比較することが大切です。

大学に行った場合、国立大学であれば、年間の授業料は500,000円、入学金は300,000円ほどになります。これが4年間でおよそ2,400,000円となります。公立大学の場合も国立大学とそれほど変わらず、ほぼ同じくらいの金額になります。私立大学の場合は、4年間で5,500,000~8,000,000円ほどです。

専門学校の場合は、学校によってまったく異なります。4年間であれば、5,000,000~8,000,000円くらい、3年間なら3,500,000~5,000,000円というところが多いようです。昼間と夜間でも学費は異なり、一般的には、昼間よりも夜間のほうが、学費が安くなる傾向にあります。

明記されていない学費に注意

ここで注意したいのが、各学校のホームページやパンフレットなどに記載されている学費が、トータルの金額ではないということです。

各学校の学費として掲載されている内訳としては

  • 入学金
  • 授業料
  • 施設・設備費
  • 実習費

などが一般的です。

しかし、これがすべてかというとそうではありません。

理学療法士になるための学校では、このほか

  • 教科書代 200,000~300,000円
  • 教材費 70,000~100,000円
  • 実習着 20,000~25,000円
  • 災害保険、傷害保険などの保険代 5,000円前後
  • 同窓会費 10,000~15,000円
  • 卒業記念品代
  • 研修旅行代

などがかかります。

さらに、忘れてはならないのが「校外実習費」です。理学療法士を目指す学校では、3年次や4年次に、病院や施設などで校外実習を行います。赴く病院や施設が、自宅から通える場所であればいいのですが、自宅からは通うことができない遠方の場合もあります。その場合、病院や施設の近くに家を借りる必要がありますし、自宅から通えたとしても、そこまでの交通費もかかります。

ほとんどの学校では、こうした宿泊費や交通費は、学費には含まれていません。校外実習期間はトータルすると、20週前後ありますから、これはかなりの出費です。学費をシミュレーションする際には、掲載されている学費だけでなく、掲載されていない別途費用を含んだ金額で比較するようにしましょう。

学費の納入が厳しい場合には

学費の納入については、学校によってさまざまな制度が設けられています。たとえば、一括での納入が難しい場合、年に2~3回に分けて納める分納制度をもうけている学校もあるので、問い合わせてみましょう。4年制よりも、3年制の学校を選ぶというのもひとつの方法です。3年制であれば、学費もその分安く抑えられますし、4年制よりも1年早く社会に出て、お金を稼ぐことができます

多くの学校では奨学金制度を採用しています。入試時の成績がよく、学校の基準を満たしている場合には、特待生制度が受けられることがあります。学校によって異なりますが、入学金や授業料の一部が免除になることが多いようです。

在学時に優秀な成績を収めると、授業料の一部が免除になる制度を採っているところもあります。そのほか、日本政策金融公庫、日本学生支援機構、都道府県の育英資金などの奨学金制度も活用してみましょう。

奨学金の種類 最高借入金額 金利(年)
日本政策金融公庫 3,500,000円 1.90%
日本学生支援機構 第一種(無利息) 学校種別、設置者、入学年度、通学形態によって定められる 無利息
日本学生支援機構 第二種(利息つき) 5種類の貸与月額から選択 上限3%
※在学中は無利息
東京都育英資金 国公立45,000円/月 私立53,000円
※専修学校(専門課程)の学生のみ
無利息

※奨学金にはそれぞれ選考基準や採用条件があります。詳しくは各団体へお問い合わせください。