HOME » PT(理学療法士)に興味があるなら絶対読んでね » 理学療法士になるための仕事内容や役割について

理学療法士になるための仕事内容や役割について

病院やリハビリテーションで働く理学療法士の仕事は一体どういったことをやっているのでしょうか?ここでは、理学療法士の仕事内容について説明していきたいと思います。

運動能力の回復を援助

理学療法士の仕事内容は様々になるのですが、主な仕事としては運動能力の回復を手助けするということになります。病気や事故などで身体に不自由を負った人、または高齢による運動能力の衰えなどの人に対して、医師の指示の下でリハビリを行い、運動能力を回復させてあげるというのが主な仕事内容です。
具体的な内容としましては、「歩く」、「立つ」、「座る」、「寝返り」、などといった基本的な動作をすることが困難な人に対し、昨日を元の状態に回復させてあげるということが理学療法士の専門領域となります。
そのため、人間の身体の構造や仕組みをきちんと熟知しておく必要があります。病気やケガの状況に応じたリハビリ計画を考え、「運動療法」、「物理療法」といった専門的な方法を使って身体を回復させていきます。これらの専門的な方法を使うことで効果的に身体の機能を引き出すことができるので、ここでの選択が重要であるのは間違いありません。
理学療法士と同様の仕事に「作業療法士」と「言語聴覚士」というのが存在してくるのですが、これらもれっきとした国家資格として、リハビリに大きく関わってくる仕事となるのです。理学療法士が身体の基本的動作の回復を援助するのに対し、作業療法士は作業療法による日常生活に必要な動作の回復を援助、そして言語聴覚士は言語聴覚療法による言語能力の回復、または聴覚能力の回復を援助するというのが大きな仕事内容となっています。

運動療法と物理療法の違いは?

上記でも出てきました「運動療法」と「物理療法」という専門的な手法があるのですが、これらの手法にはどのような違いがあるのでしょうか。

運動療法の内容は?

まずは運動療法になるのですが、こちらは読んで字の如く「運動」を主としたリハビリであり、筋力の回復や関節などの動きをスムーズにしてあげるのが大きな目的として挙げられます。
骨折やヘルニア、身体の麻痺などによって歩くことや様々な動きが困難になった人に対し、歩行訓練などを用いて原状回復を目指しています。

物理療法の内容は?

次に物理療法なのですが、こちらは「温熱」、「寒冷」、「電気刺激」、「水」、「赤外線」など、物理的な手法で原状回復を目指しています。この物理療法の特徴の一つとして、薬物には一切用いないということが挙げられます。

他の医療チームメンバーと一緒にサポート

基本的に、理学療法士は患者さんと1対1でリハビリを行うことが多い仕事となります。しかし、他の医療チームメンバーと一緒に患者さんをサポートする機会も非常に多い仕事でもあります。
特に、「歩く」という日常生活で必ず使う動作を回復させるための「歩行訓練」に関しては、他の専門職スタッフのサポートがリハビリを成功させるかどうかに大きく関わってきます。例えば、患者さんとよく関わる職種の看護師に対し、患者さんが歩行訓練をする際の適切な支え方をきちんと伝えておかなければスムーズにリハビリも進みません。他にも、作業療法などの別のリハビリでも歩行訓練を取り入れる場面が出てきますので、その際にも同じように支え方を伝えておかなければならないのです。
理学療法士と言えども体は一つしかありません。24時間ずっと患者さんに付きっきりでリハビリをすることはできませんので、他の医療チームメンバーも一丸となって患者さんの身体機能回復のお手伝いをしていくことがとても重要なのです。

理学療法士の働く場所は?

理学療法士の資格を取得した際、実際はどこで働くことになるのでしょうか。
まず、一般的に多いとされている勤務先は病院となります。総合病院のような大きい病院となると「入院施設」はもちろんのこと、「リハビリ施設」も併設されていることが多いです。総合病院だけでなく、町の整形外科などでも理学療法士が必要とされる場面も大いにあります。
そのほかには、「リハビリテーションセンター」、「老人ホーム」、「障がい者施設」といった福祉施設でも多くの理学療法士を必要としています。
さらに専門的に絞ると、「スポーツ施設」や「フィットネスクラブ」、「プロのスポーツ選手やアスリートの専属スタッフ」、といったリハビリを専門に働く理学療法士も実際には存在してきます。

理学療法士の収入は?

気になる理学療法士の収入なのですが、厚生労働省の賃金構造基本統計調査(平成27年)によると、理学療法士および作業療法士の平均年収はこのようになっています。

  • 平均年齢→31.5歳
  • 勤続年数→5.3年
  • 月額給与→284,000円
  • 年間賞与→639,900円
  • 平均年収→4,047,900円

これらはあくまでも平均的な数字であり、全ての理学療法士に当てはまるものではありません。もちろん、プロスポーツ選手と専属契約をしている理学療法士となればさらに収入も上がってくるでしょう。
ただ、これらの数字を見てみると、理学療法士の初任給は他の職種と比べても多少は高い金額だと言えるのではないでしょうか。

理学療法士が収入を上げるには?

上記では、理学療法士の収入について説明しました。そもそも、理学療法士という職種は総合職ではありませんので、他の企業のように出世というものがない職種であります。そういった職種である理学療法士は、一体どうやって収入を上げていけばいいのでしょうか。
日本理学療法士協会では、理学療法士のキャリアアップとして「新人教育プログラム」、→「認定理学療法士」→「専門理学療法士」、といった教育システム制度を用意しています。このキャリアアップ制度では、理学療法士に必要な基礎知識から、7つの専門分野まで勉強をすることができます。
このように、7つの専門分野全て学ぶことで、理学療法士としてのスキルが上がるのは間違いありません。理学療法士としての専門性を高め、質の高いサービスを提供する臨床能力の資格を取得することで、病院やリハビリ施設などに認めてもらえるはずです。そういった組織から理学療法士としてのスキルが認められれば、責任のある仕事も任せられますし、自ずと収入も上がってくることでしょう。
その他にも、病院や施設などのマネージメント業務に就いたり、経理や経営の道、大学病院などの研究者の道など、様々な分野に進むことで収入アップも見込めるはずです。
理学療法士は患者さんの身体能力の回復を手助けするのが主な仕事ですが、さらに視野を広げると様々な分野へとつながっていることも理学療法士の大きな特徴となるのではないでしょうか。