HOME » PT(理学療法士)に興味があるなら絶対読んでね » 専門学校と大学の違いってなに?

専門学校と大学の違いってなに?

理学療法士の資格を得るためには、専門学校や大学で、専門的な勉強をして、国家試験を受けなくてはいけません。では、専門学校と大学どちらがより理学療法士になるために、なってから有利になるのでしょうか。それぞれのメリットとデメリットについてまとめています。

理学療法士になるために~専門学校のメリット・デメリット~

専門学校のメリット

  • 理学療法士になるための専門学校なので、専門的な知識や技術を効果的に学ぶことができ、社会に出ても即戦力として働くことができる
  • 3年制の専門学校の場合、専門士を取得することができる。
  • 3年制であれば、1年早く働き始めることができるので、臨床を多く経験することができ、実地での知識や技術を習得することができる
  • 学費も1年分抑えられ、1年早く給料を手にすることができるので、経済的な負担が軽くなる。
  • 4年制の専門学校の場合、高度専門士を取得でき、大学院への入学資格も取得できる。
  • 大学に比べて学費が安いところが多い。
  • 少人数制のところが多く、質問しやすく勉強がしやすい環境のところが多い。
  • 国家試験対策がしっかりしている。

専門学校のデメリット

  • 給料などの待遇面で、大学卒のほうが有利になる場合がある。
  • 途中で進路変更をしたくなっても、選択肢が限られる。
  • 3年制の場合、短い期間で学ばなければならないので、授業が忙しくなる場合がある。

大学のメリット・デメリット

大学のメリット

  • 学士号が取得できる。大学院への入学資格が取得できる。
  • 専門科目以外にも幅広い分野の勉強ができる
  • 理学療法士以外の職業に就きたくなった場合でも、選択肢がある
  • 就職先に応募が多かった場合、学歴を重視するところであれば、大学卒のほうが有利になる場合がある。
  • 待遇面で優遇される場合もある。

大学のデメリット

  • 大学は4年制なので、専門学校よりも卒業までに時間がかかる。
  • 一般教養に時間を割くため、臨床現場に出られるまでに時間がかかる。
  • 大学に入るための試験が難しく、倍率も高い。